コピー機調達と低予算

男性新たに事業所や店舗を構える、あるいはこれまで酷使してきた機材が、そろそろ限界を迎えているなど、新たなコピー機を調達する必要に迫られるべき時は、全ての経営者や施設管理者に必ず訪れます。例えば大きな組織の支所であれば、本社や本部に対応を一任、あるいは指示に従っての対応となるかと考えられますが、自身が決定権を有する場合、迅速かつ正しい判断が、自分自身に求められます。全ての方々に共通する、より安価で必要な作業に対応可能な機種を、確実に選択することなど、クリアすべき条件は少なくありません

単純に最新機種をより安価で購入するとなれば、おのずと機材自体の処理能力には限界が見られます。特に精密な図面を鮮明にコピーする場合には、専門的な機能を搭載したコピー機が必要となります。その場合、商品の単価も高額となり、予算面との兼ね合いがネックとなります。ですが予算軽減ばかりを最優先し、ニーズに応え切れない機種を調達してしまえば、それこそ本末転倒です。こうしたミスから再度機種変更となれば、金銭面のみならず、日々の業務への支障も避けられません。

ここでは低予算という、実際に必要十分条件を満たすコピー機を、果たしてどのように調達すれば良いのか、このシンプルながらも難しい命題をクリアする上で、ぜひ知っておいていただきたい関連知識をご紹介します。中古品という選択肢を視野に入れるメリットとリスク、さらには製品選択時の要注意点など、後々後悔しないコピー機の調達にお役立ていただける豆知識を紹介します。